モーツァルト:fl&hp協奏曲,フルート協奏曲第1番 他 フロマンジェ(fl) ミシェル(hp) レーデル=OPN (UCD16584)

メイン画像:モーツァルト:fl&hp協奏曲,フルート協奏曲第1番 他 フロマンジェ(fl) ミシェル(hp) レーデル=OPN (UCD16584)ジャケット写真

商品番号:UCD16584

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:1,330円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●モーツァルト:
[1] フルートとハープのための協奏曲 K.299
[2]「魔笛」K.620 序曲
[3] フルート協奏曲第1番 K.313
[4] 交響曲第32番ト長調 K.318

■[1,3]ブノワ・フロマンジェ(fl) [1]カテリン・ミシェル(hp) [1-4]クルト・レーデル指揮 ニースpo

ディスク・データ

CD//海外盤 {DDD} FORLANE*UCD 16584
 発売:89年/録音:1988年/収録時間:75分
△ディスク=MADE IN FRANCE △プラケース=ハード・タイプ

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ部分的にあり(強め含む*動作確認済)
◇ブックレット:B+/ 強いツメ咬み痕あり 内部にシワ少しあり・細かい波うちあり 白地部分に軽い変色あり カビ臭あり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆1988. 10 ニース・サル ディアコスミーにおける録音。(P) クリスティーナ・ドモトール、(E) ジャン・マルティアル・ゴラズ。
− “チーズ屋” という名を持つフルート奏者 フロマンジェはパリ生まれ (1959- )。14才でフルートを始め、ベルサイユ国立音楽院を一等賞で卒業。18才でトゥールーズ・キャピトル管に入団。その後 パリ・オペラ座管を経て、現在はバイエルン放送響の首席奏者をつとめているとのことです。レコーディングは10点以上確認できましたが、特にTUDORへのフルートとピアノのために編曲したメンデルスゾーン:無言歌集というのが気になるところです。−ハープのミシェルは北仏アミアン生まれ (1949- )。3つの国際コンクールで優勝後、1970年からフランス国立放送管に入団するもソリストとして活躍し、1978年からはパリ歌劇場国立管の首席奏者をつとめました。PHILIPSをはじめとして多くの録音を残しています。ブックレットの経歴には記載がありませんが、2013年まで 映画音楽界の巨匠にして ジャズ・ピアニスト ミシェル・ルグランの妻だったとのことで、驚きました。共演録音もあるようです。
−自身もフルート奏者であったドイツの名匠 レーデル指揮するニース・フィルは1947年創立のニース市立響が1982年に再編されて誕生したたオケ。ニース歌劇場での活動を中心としています。 音楽監督はアントニオ・デ アルメイダ (1976-78)、ピエール・デルヴォー(1978-82) もつとめており、当録音時はクロアチア出身のベリスラフ・クロブチャール (1983-89) でした。
−演奏は遅めのテンポによる温かく穏やかなもの。[1]はフルートもハープもオケもなんと優しいことか。鋭敏なセンスとか才気走るなどとは正反対、弱音中心、淡い色調で、弱さ、物足りなさを感じるのも確かですが、一方で田舎の花咲く庭でゆったりとした時間を過ごすような、現実逃避の休暇のような心地よさを感じます。若い頃なら “駄演” と切り捨てたでしょう。自分が年をとったことを感じずにはいられません。

商品番号:UCD16584

  • 通常価格:1,400円(内税)
  • 会員価格:1,330円(内税)【5%OFF】