サン=サーンス:動物の謝肉祭,プーランク:典型的動物 プレートル=OSCC (TOCE13133)

メイン画像:サン=サーンス:動物の謝肉祭,プーランク:典型的動物 プレートル=OSCC (TOCE13133)ジャケット写真

商品番号:TOCE13133

  • 通常価格:700円(内税)

曲目・演奏者

●[1] サン- サーンス:「動物の謝肉祭」
[2] プーランク:「模範的な動物たち」組曲
〔1. 夜明け,2. 恋するライオン,3. 中年男とふたりの愛人,4. 死神ときこり,5. 2羽の雄鶏,6. 昼の食事〕

■ジョルジュ・プレートル指揮 パリ音楽院o [1]アルド・チッコリーニ, アレクシス・ワイセンベルク(p) ミシェル・デボスト(fl) ロベール・コルティエ(vc) M. カゾーラン(cb)

ディスク・データ

CD// 国内盤 {ADD} To−EMI*TOCE-13133
 発売:05年/定価:1300円/録音:[1]1965, [2]66年/収録時間:42分
△EMI決定盤1300 シリーズ

コンディション

◇ディスク:A-/ 点キズ少しあり 外縁に小スリキズ部分的にあり(強め含む)
◇ブックレット:A〜A-/ 内部白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇バック・インレイ左端に色あせあり 背表紙に色あせあり(?)
◇オビ:A-〜B+/ 小シワ少しあり 書き込み少しあり(画像参照)

録音データ・その他

☆[1]1965. 5,[2]1966. 6 録音。
−[1]は「典型的動物」という呼び方が一般的ですが、より内容に合っている「模範的な動物」という呼び方も知られるようになってきているところでしょう。パリ・オペラ座からの依頼で作曲されれたバレエ音楽で、1941年作曲。詩人ラ フォンテーヌの「寓話」の6篇の詩を題材としています。「牝鹿」ほど演奏機会はないもののプーランクの美しく 洒落た音楽はさすがで、特に「恋するライオン」の最初の部分の音楽は多くの聞き手の心に響くことでしょう。8曲から6曲を選んだ組曲版です。−ちなみにラ フォンテーヌの「寓話」はルイ14世の王太子に人生の教訓を学んでもらいたいとの思いで動物たちを主人公にした短編集とのこと。現代フランス人も子供の時に聞かされたなじみある話であるようです。
−動物を扱ったフランスの洒落た2曲の組み合わせですが、これがオリジナル・カップリング。[1]の豪華なゲスト陣も魅力です。

商品番号:TOCE13133

  • 通常価格:700円(内税)