<ロシアのアダージョ> スヴェトラーノフ=スウェーデン放送so (ODE938)

メイン画像:<ロシアのアダージョ> スヴェトラーノフ=スウェーデン放送so (ODE938)ジャケット写真

商品番号:ODE938

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●[1] ハチャトゥリアン:「スパルタクス」より クラッススとイギーナのアダージョ (第2幕)
[2] フレンニコフ:「軽騎兵のバラード」(バレエ音楽) Op. 25より アダージョ
[3] プロコフィエフ:「シンデレラ」Op. 87 より シンデレラを思い出す王子のアダージョ (第3幕)
[4] リムスキー- コルサコフ:「地方長官」(歌劇) より 夜想曲
[5] グラズノフ:「ライモンダ」Op. 57 より 第2幕間奏曲
[6] 同 :「四季」Op. 67 の「秋」より 小アダージョ
[7] 同 :「ライモンダ」より 第3幕間奏曲
[8,9] チャイコフスキー:「眠りの森の美女」Op. 66 より パノラマ,パダクション: アダージョ (以上第2幕より)
[10] 同 :「くるみ割り人形」Op. 71 より パ ド ドゥ - 王子とこんぺい糖 (第2幕)

■エフゲニー・スヴェトラーノフ指揮 スウェーデン放送so

ディスク・データ

CD// 海外盤 {DDD} ONDINE*ODE 938-2
 発売:99年/録音:1999年/収録時間:69分
△ディスク=Made in Austira by DADC

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ部分的にあり(小さめ*動作確認済)
◇ブックレット:A-〜B+/ 小シワ・軽シワ少しあり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆1999. 5 ストックホルム・ベルワルド ホールにおける録音。(P) ヤン・B. ラーション、(E) アンデルス・ヘーグレフ。
−2002年に亡くなったスヴェトラーノフ晩年の録音。1996年から99年まで音楽監督をつとめたスウェーデン放送響との最後の録音のひとつです。ゆっくりのテンポの美しい音楽を集めたもの。ほぼ同じ選曲で1998年に録音されたロシア国立響との「アダージョ集」もあるとのことで、翌年に同じようなアルバムを制作したというのは不思議な感じもしますが、ともかく「アダージョ・カラヤン」などのヒーリング音楽ブームに乗ったものでしょう。半分くらいは珍しい曲というのが嬉しいところ。スヴェトラーノフは遅いテンポをとって抒情味たっぷり。若い頃の “爆裂系” とは異なる晩年のスタイルで楽しませてくれます。とはいえヨーロッパ的な洗練とはやはり違っていますし、時に現れるトゥッティでは若い頃の面影が感じられたりします。

商品番号:ODE938

  • 通常価格:1,300円(内税)
  • 会員価格:1,230円(内税)【5%OFF】