モーツァルト:交響曲第39,41番,アリア2曲 ブリテン=ECO,ピアーズ(T) (DECCA)

メイン画像:モーツァルト:交響曲第39,41番,アリア2曲 ブリテン=ECO,ピアーズ(T) (DECCA)ジャケット写真

商品番号:466820

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】

曲目・演奏者

●モーツァルト:
[1] 交響曲第41番 K.551
[2] 同 第39番 K.543
[3]「運命は恋する者に」K.209
[4]「どうか 詮索しないで下さい」K.420

■ベンジャミン・ブリテン指揮 イギリス室内o [3,4]ピーター・ピアーズ(T)

ディスク・データ

CD// 海外盤 {STE, MONO/ ADD} DECCA*466 820-2
 発売:00年/録音:[1]1966, [2-4]62年/収録時間:77分
△[3,4]伊語詞・英訳掲載 △ディスク中心部の刻印=MADE IN GERMANY BY UNIVERSAL M&L

コンディション

◇ディスク:A-〜B+/ 小スリキズ少しあり(強め含む*動作確認済)
◇ブックレット:B+/ シワ部分的にあり(強め含む) / 裏表紙に線キズ少しあり
◇プラケース:B+

録音データ・その他

☆[1]1966. 6 サフォーク・ブライスバーグ教会,[2-4]1962. 6 ロンドン・BBCスタジオにおける録音。[2-4]はモノーラル。
−BBCの音源によるブリテンのオールドバラにおける未発表録音を中心に集めた「ブリテン アット オールドバラ」シリーズの1枚。ただし当アルバムでオールドバラでの録音は[1]のみです。ステレオの[1]もいいのですが、[2]が素晴らしい。第1楽章冒頭のティンパニの力強さが印象的ですが、その後も変わったことをしているわけではないながら、また細部の彫琢には甘さがありながら、ブリテンとオケが一体になったような雄渾で充実した演奏です。−[3,4]はいわゆる「コンサート・アリア」と呼ばれるもの。ピアーズ独特の “青白い” 歌が不気味で面白い。ブリテンとの愛を想像せずに聞くことができましょうか。
−指揮者としても一流であったブリテンは DECCAにモーツァルトを少なからず録音していますが、[1-4]はこれが唯一の録音でしょう。

商品番号:466820

  • 通常価格:1,100円(内税)
  • 会員価格:1,040円(内税)【5%OFF】