ハイドン:弦楽四重奏曲第17, 76, 77番 PQベルリン (33CO1066)

メイン画像:ハイドン:弦楽四重奏曲第17, 76, 77番 PQベルリン (33CO1066)ジャケット写真

商品番号:33CO1066

  • 通常価格:300円(内税)

曲目・演奏者

●ハイドン:
[1] 弦楽四重奏曲第17番 Op3-5 (セレナード) (ホーフシュテッター作)
[2] 同 第76番 Op.76-2 (五度)
[3] 同 第77番 Op.76-3 (皇帝)

■フィルハーモニア クヮルテット ベルリン〔エドゥアルド・ジェンコフスキ,ヴァルター・ショーレフィールド,土屋邦雄,ヤン・ディーゼルホルスト〕

ディスク・データ

CD// 国内盤 {DDD} Co−デンオン*33CO-1066
 発売:86年/定価:3300円/録音:1983年/収録時間:56分

コンディション

◇ディスク:B+〜B/ スリキズ部分的にあり(強め含む*動作確認済)
◇ブックレット:B+〜B/ シワ部分的にあり(強め含む) / 小口側下辺にツメ咬み痕あり / 白地部分に軽い変色あり
◇プラケース:B+ ◇オビなし

録音データ・その他

☆1983. 9 西ベルリン・ジーメンス ヴィラにおける録音。
−ベルリン・フィルの団員からなる弦楽四重奏団。ただしジェンコフスキは当時 ケルン放送響に移籍し、コンマスに就任していました。彼らにとって初のハイドンで、弦楽四重奏曲の録音もこれが初だったようです。四声部のまとまりと音色のコクのようなもの、レガート重視の優雅でしっととりとした抒情が魅力です。
−[1]の第2楽章は長らく「ハイドンのセレナード」の名で親しまれてきた曲。しかし当曲を含む ハイドンの6つの弦楽四重奏曲 Op.3 (第13〜18番) は現在ではロマン・ホーフシュテッタ―作と考えられています。

商品番号:33CO1066

  • 通常価格:300円(内税)