【ファルスタッフ】クラシック音楽の中古CD&DVD通販専門店(大阪府公安委員会許可証番号 622311806350号)
Michael Yon JP  オーストラリア - 日本: 慰安婦(アップデート) 今、シドニーにいる。シドニーとストラスフィールドで慰安婦についての仕事をしている。 韓国人と中国人(中華人民共和国からの)は彼らの憎しみを米国、ドイツ、カナダ、オーストラリアなどの他の国に輸出しようとしている。彼らは日本を潰そうとしている。中国はこの瞬間も戦艦と島を作っている。 この旅で20人ほどの人々と会った。ほかにも会議は予定されている。話をしたのは、政府関係者、ストラスフィールドの市民、日本人、及び現地でオーストラリア人となって住んでいる日本人、ジャーナリスト、その他である。 スケジュールがつまっているので米国を思い起こさせるこの美しい都市シドニーをゆっくり見学する時間も無い。この地は国際都市だ ― 数百の人種がいるに違いない、そのことがこの都市を非常に興味深くさせている。 この街を運営する上でオーストラリア人は良い仕事をしている ― すばらしく正常に動く状態にある。我々が人類共通の利益のために宇宙空間でやっていることよりももっと多くの資本を投下しているように見える。しかしもしも私がそれらの通りの写真を何枚か撮って「これはアメリカだ」と言ってもアメリカ人にとっては、それが違う国だと気がつくことは難しいだろう。 シドニーはカリフォルニアを私に思い起こさせる。 慰安婦について話を戻す:悲しい話の歪曲がある。ある日本人たちはグランデールのようなところに慰安婦像を建立することで我々に裏切られたと感じて日本に帰っていったり、これから日本に帰ろうと考えているらしい。 何日か前、二人の日本人男性と四人の日本人女性と夕食をともにした。皆、何年もオーストラリアに住んでいる。ある夫婦は35年もここに住んでいて、オーストラリアとそこの人々が好きであると言った。 そのなかでもある一人の婦人は非常に気を動転させていた。日本人があからさまに気を動転させる場面はあまり見たことが無い。彼女の気持ちは裏切られた思いと怒りが入り交じったものだったのだろう。 彼女はとても感情を害しているようだった。もしもストラスフィールドに慰安婦像が建立されるならば全てを売り払って永遠に日本に帰国すると。しかしここがホームなので彼女は本当はオーストラリアにいたいと願っている。 テーブルにいた他の女性は日本人の友人の女性について話してくれた。友人はグレンデールの近くに35年ほど住んでいて、米国市民権を持ち、USAを愛していた。しかしその友人もまたグレンデールの像によって非常に裏切られた思いを感じ、市民権を放棄し、全てを売り払って日本に帰っていった。 とても悲しい話だ。その夜、そのことについて何時間の考えてみたが、未だに脳裏を離れない。私は彼女に、その人(カリフォルニアから日本に帰ってしまった婦人)の連絡先を尋ね、その人に紹介してもらった。実際に何が起こったのか明らかにしようとおもう。 昨日、私はオーストラリアに住む南アフリカ人(彼もここでのくらしが気に入っている)と、ストラスフィールドに住むオーストラリア人と、4時間ほど話をした。両者とも像の危険性とストラスフィールドに持ち込まれる危険性について理解していた。 ストラスフィールドに住むオーストラリア人は、アルメニア人たちはトルコでのアルメニア人虐殺論争のいかんに関わらず、二つも像を建てたと言った。それは殺しの脅しや警察の介入といった多くのトラブルを生み出しとオーストラリア人は言った。 目をさませ! 我々はアメリカがアルメニア人とトルコ人達の戦地となることを望んではいない。 ― 打ち合いや爆弾を連想するのはたやすい。ストラスフィールドの住人達は同じようなトラブルが密かに準備されていることに気がついてきた。 我々は、米国とオーストラリアにおける公共の建物には、そのような暴力を煽動する像など要らない!韓国人たちとアルメニア人たちは、戦場を韓国とアルメニアに持ち帰って我々をほっといてくれ。 韓国人にとってはこれは既にバックファイヤとなって自らに降りかかっている ― かれらがが日本に対して非難をするということは、彼らによる自身の国民に対すしての、あるいはベトナムのような他の場所でのおびただしい数の戦争犯罪を思い起こさせるし、今日でも売春婦ビジネスが韓国のGFPの4%を占めることを思い起こす。 売春婦は韓国では巨大ビジネスだ。 ― 売春婦は韓国の巨大輸出産業でもある。韓国のフラットスクリーンテレビが売春婦付きで売られていないこと不思議だ。 韓国では、かなり年配の売春婦も通りで商売をしている(隠すことはできない)。そのうえまだ彼らの慰安婦像を世界中に建立しようとしている。 韓国は中国の操り人形だ。北京の道具で犬だ。北京は韓国を働く犬として使い、日本を攻撃するように訓練した。もしも北京が「座れ!」といえば韓国は座る。北京が日本を指させば韓国は日本を攻撃する。 韓国の大統領、Parkはとんでもなく偽善者としての才能にあふれている。彼女は韓国という売春宿を管理しつつ、第二次大戦について哀れっぽく泣いて大嘘をつく ― 彼女の父 ― 昔の韓国大統領でもあった ― は、日本軍の将校でもあった。 慰安婦についての最も悲しい点は、それらの像が我々の日本人に対する裏切りと思われてしまうことだ。オーストラリア人も同じことになろうとしている。しかし実際には大多数のアメリカ人は慰安婦についてなにも知らないし、大多数のオーストラリア人もあまり知らないことは明らかだ。 これは中国によって推進されている戦略的パワープレイだ。中国による巨大な情報戦を一つ一つ調べていくとき、像はそこにでてくる小さな部品の一つだ。 それらの慰安婦像に関わった同じ人物が、数ヶ月前、韓国の我々の大使を殺害しようとした。同じ男は日本の大使をも襲っている。ソウルの日本大使館に面したところにある慰安婦像の横で彼が祝っているのを見ることができる。彼は韓国の共産主義者だ。 情報戦争を仕掛ける野獣の他の武器は沖縄駐留米軍への反対行動だ。彼らは目的を達するために環境保護グループを装っている。彼らもまた北京から放たれた同じモンスターの一部だ。 重要:関連した事項 ― 直接的に ― ハワイの我々に対して問題をかき立てようとしている。北京は我々と戦争している。 北京は太平洋と南シナ海、それ以上を自国領土にしたいのだ。 それらは人権とは何の関係も無い。彼らは単に戦略的にお先棒をかついでいる。中国はストラスフィールドをものにしようとしている。それは心の痛みしかもたらさない。 私はオーストラリアに来た、中国の情報戦略を止めることを助けるために。すぐに台湾、カリフォルニア、カナダ、その他に飛ぶ。 我々は我々の同盟者にいろいろな情報を与えなければいけない。そのうえで彼ら自身の決断ができるし、その地の状況を教えてもらうこともできる。